ホーム

図書館の利用マナー

 図書館利用のお約束 5か条
 図書館資料の取り扱いについて
 “かわいそうな本”展示

1.図書館利用のお約束 5か条

図書館(としょかん)は、(だれ)でも利用(りよう)できる公共(こうきょう)施設(しせつ)です。
(みな)さんが気持(きも)ちよく利用(りよう)できるよう、マナーは(まも)ってください。
協力(きょうりょく)をお(ねが)いします!

図書館(としょかん)利用(りよう)のお約束(やくそく) 5か(じょう)
ひとつ わすれず りようけん 

(ほん)は、(かなら)貸出(かしだし)手続(てつづ)きをしてから()って(かえ)りましょう! 無断(むだん)()(かえ)らないでください。
 
ふたつ ここでは おしずかに

図書館(としょかん)(なか)では(はし)ったり(おお)きい(こえ)()したり、(ほか)(ひと)迷惑(めいわく)になる行動(こうどう)はしないでください。
(ローラー()きシューズ、()ども(よう)(おと)()るサンダルは()いてこないでくださいね!)
 
みっつ でんわは おひかえください

携帯(けいたい)電話(でんわ)は、マナーモードにしておいてください。通話(つうわ)(そと)でしてください。
 
よっつ いんしょく できません

図書館(としょかん)(ない)指定(してい)場所(ばしょ)(のぞ)飲食(いんしょく)禁止(きんし)です。()められた場所(ばしょ)(まも)ってください。

飲食(いんしょく)できる場所(ばしょ)大井(おおい)図書館(としょかん):ロビー、上福岡(かみふくおか)図書館(としょかん):くつろぎコーナー、集会室(しゅうかいしつ)1・2です。ゴミはお()(かえ)りください。)
 
いつつ ほんは みんなが つかいます

図書館(としょかん)(ほん)(みな)さんの財産(ざいさん)です。(つぎ)(かた)気持(きも)ちよく利用(りよう)できるようご協力(きょうりょく)ください。
返却(へんきゃく)期限(きげん)(まも)ってください。(つぎ)予約(よやく)のない図書(としょ)(かぎ)一度(いちど)延長(えんちょう)できますので窓口(まどぐち)でお(もう)()ください。電話(でんわ)でも延長(えんちょう)できます。)
(マイバッグをお()ちください。自転車(じてんしゃ)にそのまま()れたり、(あめ)()()れたりすると(ほん)(いた)みます。)

もどる


2.図書館資料(本・CD・DVDなど)の取り扱いについて

図書館の資料は、みんなのものです。次に利用する人のためにも、大切に扱ってください。

水濡れ注意!
紙は水分に弱いです。水に濡れないように注意してください。雨の日は特に気をつけてください!

切り取り禁止!
必要なページはコピーしてください。切り取ったり破いたりしないでください。

書き込み禁止!
本に書き込みをしたり、マーカーをひいたりしないでください。

CD・DVDはやさしく!
CDやDVDなどはやさしく取り扱ってください。デリケートなので傷がつきやすいです。
マイバッグをお持ちください。

本を自転車のカゴなどに直接入れて運ぶと、破損の原因となります。
マイバッグをお忘れのかたは、図書館に寄贈いただいた紙袋、雨の日のためのビニール袋などをご用意しておりますのでご利用ください。
雨などに濡らさないようご注意ください。

本は気づかず濡らしたまま放置すると、かびることがあります。
袋に入れるときはビニールコートされた本の背を上にして入れる、雨の日はビニール袋に入れるなど、皆様にご協力いただくと資料が長持ちします。
汚損・破損は図書館にご連絡ください。

市販のテープで補修するとすぐに剥がれてしまうだけでなく、色あせの原因になります。
資料の破損に気づいたら、そのまま図書館におもちになり、窓口で声をおかけください。
回収して製本用の補修をします。  
資料に挟んだものは外してご返却ください。 

付せんは糊による本の劣化を招きます。
また、栞がわりにクリップなどを挟むとページを傷つけますので、返却の際は挟んだものを外してからお返しください。
過失による汚損・破損は弁償いただく場合があります。 

補修可能な資料は図書館で補修しますが、使用に堪えないほどの汚損・破損は弁償いただきます。
まずは現物をおもちになり窓口で声をおかけください。
お借りになったときから汚れていた場合は、直前に貸出された方に確認をとらせていただきますので、返却手続きの前にお教えください。
*お願い*

 本などの汚れ、切り抜き等にお気づきの場合は、カウンター職員にお声かけください。
 ページが外れてしまった場合は、ご自分で修理せずに本を返す際にお申し出ください。図書館で修理します。
 水濡れ、破損がひどく次の利用が困難な場合には、弁償していただきますのでご了承ください。
※ 資料を紛失・汚破損した場合には、現物弁償をお願いしています。図書館所蔵の映像資料(ビデオ・DVD)につきましては、著作権法に基づく補償金込みの金額にて購入しております。そのため、紛失および汚破損の場合には、補償金込みの金額にて同一資料を弁償していただくことになりますので、お取り扱いには十分ご注意くださいますようお願いします。

(DVD金額の一例)
『釣りバカ日誌』\16,000−
『椿三十郎』  \14,000−

皆さまに気持ちよく利用していただくため、ご理解とご協力をお願いいたします。

もどる


3.“かわいそうな本”展示

2010年には、今まで図書館に返却された、破れていたり濡れていた“かわいそうな本”の展示も行いました。

 利用マナー展示写真  特別展示

かわいそうな本
 
“かわいそうな本”

図書館の本は、市民の皆さんの財産です。
ところが、ここのところ資料の破損が目立つようになり、
廃棄しなくてはいけないことが多くなっています。
皆さんが気持ちよく利用できるよう、
最低限のマナーは守ってください。
ご協力をお願いします。  

たくさんのマーカー
がひかれた本  
破損本1 
 破損本2
破られ、書き込み
された本 
破損本4 
水に濡れ、しわしわに
なってしまった本 
 →
切り取られた本
PART1
破損本3    →
切り取られた本
PART2
 破損本5

ポスター(PDF・213KB) もごらんください。

もどる


ホーム